うらび 授業料

urabi.png
head-01.pnghead-02.png


高等課程

bnr-04.pngbnr-05.pngbnr-06.png

高等課程 授業料等

本校は公立高校と同様、国の就学支援金及び県の授業料軽減制度により、平成22年度より「授業料実質無償化」となりました。
ご家庭の収入によっては学費を実質無償化にすることが可能となり、授業料を心配することなく安心して学ぶことができます。

奨学金についてはこちら

学費等の軽減について

就学支援金と埼玉県授業料軽減補助金を充当することで年間授業料は以下の通りとなります。

鳥海学園 授業料軽減制度

入学金、維持費の全額と授業料の一部(203,000円)を免除します。
※本制度は「学費等」について本校独自の軽減を行うものです。「その他諸費」については軽減の対象ではありません。
※軽減制度の適用基準については本校までお問い合わせください。

国からの就学支援金として、基準を満たしたご家庭に授業料から118,800円~297,000円が軽減されます。
支給額はご家庭の市町村民税所得割額によって決定します。

市町村民税が非課税の家庭を対象に38,000円~138,000円が支給されます。
就学支援金とは違い授業料以外にも適用されます。

埼玉県授業料軽減事業により市町村民税所得割額と就学支援金受給額によって補助金の額(54,900円~178,200円)が決定します。
ただし、高等学校等就学支援金が297,000円に達した場合は交付されません。
対象者は埼玉県内に在住の方です。

就学支援金や上記事業は国や県の政策転換により変更・中止される場合があります。

年額
500,000円
鳥海学園 授業料軽減制度
203,000円
297,000円 59,400円 118,800円 47,000円 297,000円
237,600円 71,800円 131,200円
178,200円
118,800円
正規授業料 市町村民税所得割額
非課税
市町村民税所得割額
51,300円未満
市町村民税所得割額
154,500円未満
市町村民税所得割額
304,200円未満
市町村民税所得割額
304,200円以上
=就学支援金額
=父母負担軽減事業
=保護者負担金額

各種奨学金

奨学金とは

授業料を無利子・有利子で貸与してくれる制度です。
返済は本校卒業4年後から開始されます。
入学準備金の貸付が可能な制度や家計急変家庭への援助などもあります。

独立行政法人 日本学生支援機構

埼玉県

さいたま市

その他 諸費・預り金

学費等   入学金 授業料 維持費 合計
入学時 免除 148,500円 免除 148,500円
後期納入 免除 148,500円 免除 148,500円
年間合計 免除 297,000円 免除 297,000円
その他 諸費   諸費 保護者会費 合計
入学時 17,100円 400円 17,500円
後期納入 17,100円 400円 17,500円
預り金
(教材費)
  教材費
入学時 30,000円
後期納入 30,000円
年間合計 60,000円
教材費は教科書代や学校行事等で使用する一時預かり金です。
半期ごとに清算し明細をつけて残金をお返しします。
総計   学費等 その他 諸費 預り金(教材費) 合計
入学時 148,500円 17,500円 30,000円 196,000円
後期納入 148,500円 17,500円 30,000円 196,000円
年間合計 297,000円 35,000円 60,000円 392,000円
上記合計に合わせて各コース別に別途費用が発生します。
授業料無償
だった場合
  学費等 その他 諸費 預り金(教材費) 合計
入学時 0円 17,500円 30,000円 47,500円
後期納入 0円 17,500円 30,000円 47,500円
年間合計 0円 35,000円 60,000円 95,000円
上記合計に合わせて各コース別に別途費用が発生します。

コース別費用

美術コース
芸大・美大受験のために美術受験予備校( 彩光舎美術研究所 )での講習を受けて頂きます。
予備校へ通う費用については自己負担となります。
総合コース
2、3年時に特別授業、講習会へ参加する際にかかる費用は自己負担となります。
基礎コース
年額 +240,000円
基礎コースは別室での個別授業やカウンセリング等の個別対応を行うため、授業料とは別に個別サポート・通信費(月額20,000円)を別途費用としてご負担いただきます。
納入については、半期ごとに一括納入となります。